2011年09月21日

イタリアで地震を予告できなかった科学者ら7人の裁判

イタリア中部ラクイラで2009年4月に300人以上の死者を出した地震を予知できなかったとして、科学者ら7人が過失致死罪に問われている裁判の初公判行われるとのこと。

もちろん、「地震予知が出来るのか?」という問題は大きいと思うんですが、こういう部分に責任を問う姿勢というのが、あまりにも日本では希薄じゃないかと思いました。

後になって出てきた報道では、津波の危険性・原発の危険性をしっかりと主張するレポートもあったとの話ですし...。

温厚なのもいいけれど、腹がたったらきちんと怒る。この姿勢も日本人には必要なんじゃないかと思いました。
タグ:地震 原発
posted by shin629 at 15:13| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。