2011年09月05日

民事執行法と北斗の拳

仕事の関係で民事執行法の本(かなり硬そうな本)をパラパラめくっていると、『北斗の拳』の文字が!

なんだろうと思って読んでみると、「国家による民事執行の手続が用意されず、自力救済によらざるをえない世界は、『北斗の拳』の弱肉強食の世界を思い描けばいい」というコラムでした。

大学の授業でならわかりますが、これを硬そうな書籍に載せるとは...著者の平野哲郎先生と、出版社の方々に拍手を送りたい気分になりました。

色んな分野で思うんですが、専門家の方々も、もっとフツーの人に分かる言葉で喋って欲しいものですね〜。
posted by shin629 at 13:18| Comment(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。